1. ホーム
  2. 精力アップについて
  3. ≫朝立ちしない原因はズバリ!勃起を改善できるのはサプリだけなの?

朝立ちしない原因はズバリ!勃起を改善できるのはサプリだけなの?

なんだか最近朝立ちしない日があるんだけど。
どうも朝立ちが弱くなっている気がする。
だんだん自信がなくなってきたよ。

そんな悩みをお持ちの男性は実は多いと言われています。

ちょっとした変化ですが、男は毎日朝立ちするものと思っていた私は、結構動揺した事を覚えています。なんか元気無くなって来たのかと。

こちらではそんな朝立ちについて詳しく見ていこうと思います。

どんな理由で朝立ちするのか?またなぜ朝立ちしないようになってきたのか?その原因は?
そういった朝立ちの悩みについて解消できればと思います。

※今すぐ朝立ちして元気を取り戻したい※

やっぱり立たないと心配ですし、セックスに自信が持てません。

だからこその安心感と言えばやっぱり精力剤。

ギンギンになれる精力剤で安心安全なものはどれ?

やっぱりあの商品が一番効果的でしたよ♪

おすすめ精力剤ランキングはここからチェック

朝立ちについて詳しく知りたい

朝立ちと言ってますが、実はちゃんとした正式名称があるんですね。それは【夜間陰茎勃起現象】といいます。

実はペニスは朝勃つんではなくて、夜の間に立つんです。なので夜立ちなんですね。

私達が朝立ちと読んでいるものは実は夜の間に立っていて、そのまま朝までキープされている状態の事を言うんです。

通常の勃起は性的な刺激や興奮を受けてするものですが、この朝立ちは全く別のものです。
自意識とは関係の無い状態で、寝ている間に勃起する状態を指します。

睡眠は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があり、夜立ちはレム睡眠の際に起きているんですね。

レム睡眠は、一晩に約90サイクルで約4回訪れると言われます。実は夜立ちは最長2時間もキープするんですね。眠りの浅いレム睡眠の状態で人は起きることが多いので、起きた時にペニスが立っている=朝立ちってことになるんです。

朝立ちは勃起力をメンテナンスしてくれる

なぜ寝ている間に勃起するのかというと、実は勃起力のメンテナンスを行っているんです。

「勃起力のメンテナンス作業」や「ストレス解消作業」を行っていて、勃起しない状態が続くことはあまりよろしくありません。

・勃起に必要な組織が縮んでしまう
・それによって病気にかかる可能性が高くなる
・血流が悪化してペニスが衰えて老化していく

こういった悪循環を引き起こすんですね。それを防ぐために夜立ちをしてくれているんです。

無意識に勃起することで血流を促進し、勃起のための組織をきちんと伸ばしてくれるってわけです。

まずはどうにかしてきちんと朝立ちしているかをチェックしないといけません。夜間陰茎勃起現象がきちんとされていないのか?またはたまたま起きた時に勃起していないだけなのか?

このどちらなのかを見抜く必要がありますね。

夜立ちがきちんと起きているかチェックする方法

夜立ちがきちんと行われているかチェックしていく必要がありますね。

もちろん朝まで立っていればそれで問題ないのですが、起きるときには立ってないって人もいると思います。でも寝ている間にちゃんと立っていればOKです。

朝立ちを確認する方法の一つに、ジェクスメーターと呼ばれるメジャーのようなモノがあります。

これは夜中にこのメジャーをペニスに結びつけておいて、勃起をするとそのメモリが広がることで勃起したかどうかをチェックできるものです。

こういった物を買ってまでするのはちょっとという人はもう少しお安くチェックする方法があります。

それは切手を使う方法です。スタンプ法と言って昔からある方法なんですよ。

その方法は簡単で、普段の状態のペニスに繋がったままの切手を貼り付けて、寝るだけです。もしも起きた時に切手のミシン目が切れていたら、それは勃起していたという証拠になります。

朝立ちをしっかりとしているのにセックス時に勃たないのは、これは別の問題(心因性ED)と思っていただいて大丈夫です。

朝立ちしない理由や原因はどこにあるのか?

んーそもそもなんで朝立ちしないんだろう。
どこが悪いから勃たないんだろうか?

大体朝立ちの仕組みが理解できた所で、次に朝立ちしない理由や原因について見てみましょう。

実際に睡眠とのタイミングの兼ね合いがあるのですぐに朝立ちしてないとは言いませんが、数日たっても朝立ちしないとなるとこういった理由が考えられると思われます。

  • 糖尿病などの動脈硬化が原因
  • ストレスが原因となって自律神経に問題がある
  • 男性ホルモンの低下

これらは全て朝立ちしない原因や理由と言われています。

まずは詳しく一つずつ見てみましょう。

糖尿病などの動脈硬化

糖尿病やその予備軍になってしまうと血流が非常に悪くなります。

血管も固くなりますし、そうなるとしっかりと血流がペニスの毛細血管まで送られなくなるんですね。

動脈硬化と言われていて、血管の中が細くなってしまって十分な血液が流れない状況です。

こうなると勃起はしにくいですし、固くならないことが多いでしょう。

ストレスが原因となって自律神経に問題

自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り立っています。

これが交互に働くことによって、リラックスしたり緊張したりを繰り返すんですね。

ストレスが溜まってくると、交感神経が優位になり緊張した状態が続きます。

交感神経が優位になると、血管は縮んで筋肉も緊張し、その分すぐに反応できる体になるんですね。

でもそれが続いてしまうと、ペニスの先端までしっかりと血液が流れにくくなり、朝立ちのための血流が足りない状態になります。

男性ホルモンの低下(加齢)

男性ホルモンの殆どを占めているテストステロンは血流をスムーズにしてくれ勃起ができる状態にしてくれます。

ただ年齢と共にテストステロンの分泌はどんどんと減ってしまいます。そうすると自動的に勃起力が低下してしまうんです。

朝立ちしない状態が多くなってくると言うことは、すなわちテストステロンが減少している証拠なんです。

朝立ちを自分で改善する方法

少しでも朝立ちを改善するために、まずは自分できる方法について調べてみたいと思います。

もちろん自分に当てはまる部分もあると思いますので、気になる部分はぜひやってみて下さい。

特に加齢による男性ホルモンの減少は朝立ちに大きく影響しますから。

筋トレで朝立ちを改善する

男性ホルモンを増やすと言えばやはり筋トレが一番効果的でしょう。

その中でも筋トレは一番手軽にできて効果の高い方法になります。

マッチョとまでは言いませんが、ある程度の筋肉があることは男性ホルモンの分泌を活性化します。

筋トレの中でも一番効果が早いのがスクワットです。

下半身の筋肉と血管を鍛えることができるので、ペニスへの血流が改善されるのと勃起を支えている筋肉を鍛えることができるので非常に効果的です。

15回×3セット程度を目安に、できるだけ毎日行うようにして下さい。

体重を減らしてメタボ体型にならない

ここは痩せている人は全く問題ないのですが、最近太ってきてちょっとメタボな方には見てほしいところです。

基本的に肥満の方はテストステロンが少ない傾向にあります。

何故かと言うと、お腹周りについた脂肪によってアロマターゼといった酵素が多く含まれています。このアロマターゼがテストステロンを女性ホルモンに変えてしまうからです。

これは論文などでも研究されている内容です。

『一般的に精子産生がひどく損なわれている男性は、過剰なほどのアロマターゼ活性を有しており、それは低血清テストステロンと相対的に高い女性ホルモン(エストラジオール)で反映されてます。』

参考:Aromatase inhibitors for male infertility. – PubMed – NCBI

つまり痩せるだけでも男性ホルモンを増やすことができるってことですね。

とはいっても無理やり食事制限などでダイエットしてしまうと、そもそもの栄養分が足りない状態になってしまいます。

有酸素運動などをしながら、少しずつでいいのでダイエットしていくようにしましょう。

睡眠を改善するとテストステロンが増加する

睡眠は実はテストステロンには非常に大きな影響を与えています。

アメリカの論文でもこういった内容が発表されています。

『1週間の睡眠時間が5時間を下回るとテストステロンが15%下がる』

参考:American Medical Association(JAMA), June 1, 2011

 

これはさすがにショックな論文ですが、確かに睡眠不足はテストステロンの減少を起こしてしまうんですね。

睡眠不足はどうやら知らないうちにストレスにつながっていて、それがテストステロンを破壊してしまうようです。

しっかりと深い睡眠を取ることがテストステロンを増やすには大事なんですね。

アルコールの摂取を控えること

アルコールの摂取のし過ぎは、やはりテストステロンに大きな影響を与えているようです。

例えばアルコール中毒者などはテストステロンの生成が50%以上抑制されてしまっているとの事。

もちろんアルコール中毒者ですので、相当の量を飲んでいますからすぐに皆さんに当てはまるわけではありません。

ただ、アルコールは勃起にも影響するのはよく言われています。

セックス前に飲みすぎると勃たないってことは多いですよね?あまりいい影響は無いんです。

できれば1日ビールを500ml以内にするようにして下さい。

精力剤を飲む事でテストステロンを増やす

後は積極的に朝立ちに必要な成分を摂取していくことですね。

ここまでは出来るだけ減らさないでということにポイントを置いていました。ただどうしてもテストステロンが足りない場合はあります。

であれば、やはり精力剤を飲むことをおすすめします。

色んなタイプの精力剤がありますが、どんな商品を利用すれば良いんでしょうか?悩みますよね・・・。

以下に実際に選ぶべきポイントを絞って考えてみたいと思います。

男性ホルモンを増やして朝立ちを改善する

一番早い朝立ちしない状態を改善する方法といえば、やはり男性ホルモンの量を増やすことです。

そのためにはやはり精力剤が最も効果的でしょう。と言うのも必要な成分が集まっているからなんですね。

・シトルリン
・アルギニン
・亜鉛

こういった中心的な成分に加えて、マカやトンカットアリと言った成分を精力剤は含んでいます。これらはペニスを勃起させるために必要な成分と言って過言ではありません。

医薬品の勃起薬やED治療薬と違って今すぐ改善とは行きませんが、飲み続けることで安定して効果が期待できます。

それにサプリですから副作用の心配も無いですしね。そういった点では安心して飲めると思います。

朝立ちを復活させるためにも毎日の精力剤を習慣化してみて下さい。

今俺っちがどれくらい朝立ちしてるかって?

そりゃ毎日ギンギンでしょ!

精力剤サプリを毎日飲んでいるからな。
おかげで嫁とは週3回エッチしてるわ。

本気で彼女や奥さんをイカせたいなら一晩3ラウンドは必須だぞ。

満足させたければやっぱり精力剤で必須の栄養素を摂るんだ!

おすすめ精力剤ランキングはここからチェック